相場やカード集めの日記など書いてます! リンクフリーです♪
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年08月12日 (水) | 編集 |
今年も始まりましたあの夏がキラキラ(オレンジ)


そう、甲子園という名の青春!!キラキラ

第1試合目から見ようと思ってたけど寝過ごしましたねこ




又、見ていると高校を思いだし少し後悔するのです

俺もこんな風に一生懸命取り組む事ができたら・・・と




俺は硬式テニス部でしたが
その時は勝ち負けに全くこだわりがなく、ただ楽しめればいい

とだけ思ってた猫足ひよこ


元々勝負ごとに興味がなかったんだけど

なんか引退してからやると勝ちたいと少し思うようになったかもしれない








でも1回だけ本当に勝ちたいと思ったことがある

それは中学3年生の時のことだ
この時の俺は軟式テニス部に所属していましたーリボン



軟式の時は俺はうまかったんだ

1年生の時は2番手だったし、初めの大会で準優勝もした




だけど、俺はやる気がなかったパンダ汗

いつもふざけて練習していたから顧問によく怒られていた
練習では、スネークとか直角に落ちる球の練習ばかりしていた

普通にテニスをやるのはつまらなかったんだ
皆からはアクロバティックだと言われていた





でも、先生は俺がやる気がないからペアを変えられたんだ

軟式テニスは基本ダブルスなのを覚えておいてほしい


そんなんで、6回くらいペア変更があり
3年生になる頃にはレギュラーにもならず4番手まで落ちていた



しかし、団体戦では
一人やる気なさそうにやっているやつがいて、俺と交代させられたんだ

俺は、ユニフォームもラケットももって来ていなかったけど
友達から借りて出たんだ


その時、めちゃくちゃ応援しまくって

自分の出番になった時には少し頑張ろうとなったんだ


でも、即席ペアのためデュースまでいったんだけど結局は
あと1ポイントが遠く、ギリギリで負けちゃったんですうーむ






まぁそんなこんなで中学最後の個人戦があったんです

その時に今日は絶対に勝とう!と心の中で思っていました


案の定今までやってきたペアは皆俺よりはうまくなくて
それでミスされて俺がやる気をなくしてしまうことが多かったのですが


最後の相方は今までの中では一番ヘタでしたが
俺が本気でやってるのを感じたのか

いつもよりも何倍もの力が発揮できていたと思います


俺は後衛なので、ほぼ俺がとって、俺がきめていたんです


その日は、どんなに強く打っても球が入っていて
珍しく声も大きく出していたんです

そんなこんなで県大会出場が決定したんです




それが俺が初めて勝ちたいと思った話でしたとさおんぷ






今では俺はいつでもテンション高いキャラになってるけどねきゃー

昔はクールなキャラだったのにと言われますてへ
でもテンション高い方がいいのさh002


人生を楽しむために俺はテンションを上げていく
そんでもって自分の道を突き進んでやる
その道はないけど、これから作っていけばいいんだよねねこ



つづきをよむでコメント返信+.゚(*´∀`)b゚+.゚





FC2Blog Ranking
     maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索
ブログランキング でもスースーするのは嫌い
みるくs
 お身体の心配ありがとうございます
おかげさまで今年の夏はまだ夏バテしてる気がしません
実際俺は今そこまで忙しくありませんね
むしろ暇人!?(*´・ω・`)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
テニス部だったのですね
私はバレー部でした
テニスをしている迅雷sを想像してみる・・・・・
んー爽やか!
2009/08/12(Wed) 07:48 | URL  | みるく #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。