相場やカード集めの日記など書いてます! リンクフリーです♪
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年08月28日 (金) | 編集 |
今日は「絵本」というわけではないけどそんな感じのやつを書こうかと思ってる
それは絵がないからなんだけどね!

今回はテストみたいなものなので、あまり期待しないで下さい

その場その場の思いつきで頑張って書きます


★つきとうさぎ★
15usagi.jpg






あるところに1羽のウサギがいました

でもこのウサギは緑色の目をしていた

ウサギはいつも”ひとりぼっち”だった

ウサギはいつもひとりで遊んでいた

ある時はセミを捕まえにいく

でもセミにおしっこをかけられ逃げられる

ウサギ「ちくしょー覚えてろセミめ」

ある時は川へ釣りにいく

でも魚にひっぱられ川に落ちる

ウサギ「ちくしょー覚えてろ魚め」

ウサギは一人でも寂しくはなかった

どこかでウサギは寂しいと死ぬなんて言われるけどあんなのは嘘なんだ

でもそのウサギに近づこうとする者も一人もいなかった

誰もが緑色の目をしたウサギを怖がっていたのだ



ある日、いつものように散歩をしていると

道端で倒れている一人の老人を見つける

ウサギ「大変だ!なんとかしなきゃ、でもどうしよう」

ウサギには親しい友達なんていなかった

だけどウサギは走り周り、勇気を振り絞りこう言った

「老人が倒れているんだ、お願いだから助けてくれ」

最初は怖がっていた動物達だがウサギの必死さに驚いていた

動物達「おい、あいつが他人の心配をしてるぞ」

ウサギは走り周りボロボロになっていた

ウサギ「ボクはの事はどうでもいいから早くあの老人を」


そこで、ある動物達がウサギの前に出てきたのだった

サルとキツネ「その老人を助けたい、案内してくれ」

ウサギは嬉しかった、泣きそうになったけどこらえた

ウサギ「ありがとう、でもどうしたらいいかわからないんだ」

サル「それぞれの特技を活かして食べ物をとってこよう」

キツネ「わかった」

そうして3匹は食べ物をとりに行った


サルは木登りが得意だから木の実をたくさんとってきた

キツネは川で魚をとってきた

でもウサギはどう頑張っても何もとることができなかった

ウサギは自分の非力さに嘆いた

ウサギ「そうだ、ボクを食料として使って」

サルとキツネは驚いた。そしてウサギに向かって言った

サルとキツネ「無理だよ」

ウサギはなぜかと答えた

サルとキツネ「だってボクらは”友達”じゃないか」

ウサギ「友達?ボクの友達?」

サルとキツネ「今までさけててごめん、でもやっと君の優しさに気づいたよ、だから友達になってくれない?」

ウサギは嬉しかった、とても嬉しかった

でもウサギはこう言った

ウサギ「ボクは初めて人のためになることができるんだ。だから火を焚いてボクを食料としてあの老人に食べさせてほしい」

キツネはそんなことはさせないと言おうとした

だけどその前にサルはこう言った

サル「わかった、キツネ君火を焚こう」

ウサギ「ありがとう」

キツネはなぜそんなことをするんだとサルに怒鳴ろうとした

だけどサルの表情を見てキツネは何も言えなくなった

サルは涙をボロボロ流しながらも火を焚く準備をしていた


そして火が焚き終わり、ウサギは言った

ウサギ「短い間だけどありがとう、とっても嬉しかったよ」

そしてウサギは炎に飛び込んだ

サルは言った

サル「ボクらはウサギの君の友達だから、友達として最初で最後のウサギ君の願いを断ることはできなかったんだ」


そして老人は元気になった

老人「ありがとう助かったよ。でも君達の大切な友達を失わせてしまってすまないね」

その瞬間、サルとキツネは目を疑った

サルとキツネの目の前にいたのは神様だったのだ

サルとキツネ「あなたが神様だったんですか」

神様(老人)「このウサギの雄姿を後世に受け継がせるためみんなの見えるところに見せてあげよう」

そう言うと神様はウサギを月へと昇らせたのでしたとさ

おしまい。







月うさぎ


さて、ほぼやっつけ状態ですが
まずは最初に考えた絵本ということになります
ただのお話かもしれないけど(*´・ω・`)

最後は微妙な締めだった気もするけど気にしない!

でもなんかいい気分で大変満足したので今日はこのへんでー



つづきをよむでコメント返信+.゚(*´∀`)b゚+.゚





FC2Blog Ranking
     maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索
ブログランキング 今日はいい夢見れそう
みるくs
 爽は確かに容量多いですよねー
俺の周りはあまり好きな人はいないんですよね
でもたまに食べたくなるんだよなぁ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
月にうさぎさんがいるのはそういうことだったのですね
涙が・・・・・
迅雷s、素敵なお話ありがとう
2009/08/29(Sat) 08:40 | URL  | みるく #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。